index

My WP Translate

テーマやプラグインを管理画面で一単語ずつ翻訳できるプラグインです。 お客様を不安にさせないように、重要な部分は日本語表記にしよう WooCommerceサイトを構築する場合、WooCommerce対応のテーマやプラグインを使うことになりますが、現状では日本語対応済みのものはほとんどありません。したがって、英語のものを使うことになりますが、ショップの重要な部分が英語表記になっていると、お客様には分かりにくかったり、不安を抱かせることになり兼ねません。それを避ける為に最低限お客様に見える部分については日本語に翻訳する必要があります。 このプラグインは管理画面で翻訳したいテーマ/プラグインを選択すると、翻訳対象となる単語・文の一覧が表示されます。キーワードを入れて検索することで翻訳対象を絞り込むこともできます。ショップのフロントエンドの表示確認をして英語表記になっている部分を見つけたら、その単語・文のテキストをコピーして、このプラグインの管理画面の検索窓貼り付ければすぐに翻訳対象が見つかりますので、そこに対訳となる日本語を入れればフロントエンドの表記が日本語のものに変換されます。 わざわざ.poファイルをローカルで編集してサーバーにアップロードすることなく簡単に翻訳できてしまいます。日本語未対応のテーマを翻訳する場合は、翻訳箇所が多岐に渡るので.poファイルで一括で翻訳作業を進めたほうが良い場合もありますが、ちょっとしたWooCommerce用プラグインなら翻訳箇所は数箇所程度なので、このプラグインで翻訳するほうが楽にできます。 現状は日本語対応済みのプラグインはほとんどありませんが、WooCommerce用プラグインには便利なものがたくさんありますので、英語が表示されてしまうからと使うのを躊躇するのではなく、このプラグインを利用して翻訳して積極的に活用することを検討しましょう。

WooCommerce Square

XO Event Calendar

説明 XO Event Calendar は、シンプルで簡単なイベントカレンダープラグインです。 イベントの他に休日を設定できます。 機能 ・イベントのカスタム投稿タイプとタクソノミーを追加します。 ・カスタム投稿タイプ テンプレートをサポート。 ・休日をカレンダーに表示します。 ・イベント & 休日ウィジェット。

Enable Media Replace

WordPress メディアライブラリ内の画像やアップロードされたファイルを更新するたびに、ファイルを最初に削除してから、まったく同じ名前でアップロードする必要があるのは面倒で複雑です。 でももう大丈夫 ! これで、メディアの「編集」ビューからアップロードされたファイルを置き換えることができます。メディアの置き換えは、次の2つの方法のいずれかで行うことができます。

Expire Users

WordPressは標準でユーザー管理機能があり、ユーザー登録やパスワードの変更など便利に使えます。 しかし、会員管理で使おうとすると有効期限が欲しいと思いますよね。 このプラグインは、標準のユーザー管理機能に有効期限が設定できます。